Koh Note

食べたり、作ったり、

期間限定のカレーフェア ヒルトン東京

はい、だいぶ前の話です。
勝手にご贔屓にさせてもらっているヒルトン東京

 

2020年の夏はカレービュッフェ。

 

マーブルラウンジは大体混雑しているので、2階の王朝やメトロポリタングリルで楽しむことが多いのですが、こればっかりはマーブルラウンジのみ。

 

5種類のカレーに、アイスクリーム。サイドメニューは少ないけれど、一人3,000円弱で楽しめる破格の設定。
カレーだって、インドカレーかと言われれば、かなりマイルドな仕上がりだけど、シーフードにラム。豆があれば最高だった。

 

カレーを食べに行ったのに最終的にはパクチーアイスにハマってしまう始末。

 

感染症防止対策のため、ビュッフェ台からスタッフにサーブしてもらうスタイル。
盛り付けは美しいのだ、ビュッフェの魅力が少しね。。。
自分で選んで盛り付ける。
食材のこの部位が食べたいのとか、そういった注文は難しい。

 

来年は堪能できるといいなぁ。。。

 

あ、カレーの話題が続いてしまった。。。

 

 

f:id:koh2016:20210122220641j:plain

 

f:id:koh2016:20210122220753j:plain

 

f:id:koh2016:20210122220900j:plain

 

f:id:koh2016:20210122221006j:plain

 

ココにもあった、インドらしいカレー屋さん 横浜

横浜、あまりインドカレーに巡り合えていないんです。。。

 

マントラ

 

横浜駅直結のスカイビルに入居しているカレー屋さん。
10階だけど、眺望はナシ。

 

お昼は1,000円でブッフェ。
最近お目にかかれていないランチブッフェをやってくれるお店。

 

メニューは4種類
野菜とダル、チキンと卵。
だいたいこの4つ。

 

辛さはほどほど。
日本人向けに抑えてくれているかな。

 

ダルは豆の甘さが引き立っているし、抑えるところは抑えられていて、及第点。

 

サイドに海藻と春雨、キャベツなど。

 

もちろんナンもサフランライスもお代わり自由。
ライスがジャポニカなのはちょっと残念。

 

クーポンがあれば、ワンドリンクいただける。

 

あー、カレー食べたいなと思ったときは迷わずココですね。

 

もちろん、アラカルトでセットメニューやビリヤニも。

 

横浜駅では貴重なお店。

 

f:id:koh2016:20201218113052j:plain

 

f:id:koh2016:20201218113118j:plain

 

f:id:koh2016:20201218113143j:plain

 

f:id:koh2016:20201218113212j:plain

 

横浜名物! みんな大好きシウマイ

シウマイ。シュウマイじゃないですよ。
あるお偉方が「シュ」の発音がうまくできなかったらしく、シウマイになったとかならなかったとか。

 

横浜駅ほぼ直結の崎陽軒本社。
レストランはいくつかありますが、そこの地下「アリババ」。
中華料理なのにアリババ。まぁいいか。

 

コロナ前は中華料理もブッフェだったらしいですが、コロナ影響で、シウマイのみオーダーブッフェスタイルへ転換。
一品を頼むとセットになるか、ライトミールに追加で頼むか選べます。

 

一品料理もしっかりと痺れのきいた麻婆豆腐と皮パリのローストチキンなどなど。
そして、パンもオーダーすれば出てくるのです。
この時はクロワッサンと甘いペカンナッツのデニッシュ、シナモンロール
デニッシュは1回限りで2回目からはシナモンロール

 

ドリンクバーとスープバー付き。

 

崎陽軒のシウマイ。
言わずもがなの味です。
小ぶりだし、100個は食べたかな。

 

初横浜は中華街やみなとみらいがいいかもしれないが、横浜駅崎陽軒
間違いない。

 

麻婆豆腐のセット

f:id:koh2016:20201118230915j:plain

 

追加のシウマイ 20個くらい?

f:id:koh2016:20201118231024j:plain

 

意外とおいしかったパン これも好きなだけ

(2回目からはピーカンナッツからシナモンロールへ)

f:id:koh2016:20201118231138j:plain

 

食後にアイス

f:id:koh2016:20201118231239j:plain

 

 

トロ発祥の地といわれる吉野鮨本店 日本橋

マグロのトロ、おいしいですよね。
大昔はあまり好まれていなかったと聞くと、味覚の変化、つまりは生活の変化を感じます。

 

勝手な想像ですが、当時はエネルギー源は脂ではなく、炭水化物。
要は米やら穀物なんですよね。
今も日本は変わらないか。
あと、食の流通クオリティの向上。

 

100年超の老舗。
老舗という名にふさわしい吉野鮨。
創業は明治12年
江戸時代じゃないんだなぁというところが、トロの握りを作りだした要因なのかも。
要するに、当時はまだ若い。

 

トロけるようなとろっとした食べごごちということで「トロ」らしいです。

ランチですが、久しぶりにカウンターでいただく寿司。
ネタのおいしさはさることながら、口の中でほどけるシャリ。
絶妙な握り加減。

 

ランチだからか、分業されているようで、魚をさばく、握る、焼く、それぞれ担当が役をこなしていました。
忙しそうだけれど、目くばせをして何にでも反応できる雰囲気を醸し出している。
これが老舗の寿司店の業か。

 

トロもおいしかったけど、玉子に感銘を受けたのは黙っておこう。

 

f:id:koh2016:20201001145635j:plain

 

f:id:koh2016:20201001145716j:plain

 

銀座の地下で見守ってます 甘味おかめ

銀座に店を構えて70年ほど。

 

甘味おかめ。

 

昔の喫茶。コーヒーを出すような喫茶店ではなく、和の喫茶。
甘味処です。

 

完全に和な店ですが、ソフトクリームがいただけるのです。
しかもあの蔵王のミックスを使った代物。

 

代表作の「蔵王あんみつ」

 

メニューにソフトクリームは見当たらないですが、大き目の金時豆を使った餡で作られたあんみつに、これでもかとソフトクリームがそびえ立つ。

 

普通の小豆と違った触感に、濃厚で舌触りの滑らかなソフトクリームが絶妙に絡み合う。
黒蜜で味の変化を楽しみながら。

 

他店よりひと回り大きいのではないかというサイズに、たっぷりのあんこにきなこ、ゴマもあり。

 

おしゃれな銀座でスイーツで悩んだら、甘味に駆け込むのもありですね。

 

 

f:id:koh2016:20200725213914j:plain