読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Koh Note

食べたり、作ったり、

浜松といえば「うなぎパイ」の春華堂

うなぎパイ春華堂。がんばってますね。
ここ数年では五穀屋とかコネリとか派生ブランドも沢山出して、勢い感じます。
五穀屋は海外で非常にウケがいいみたいで。

 

浜松市の南西のほうにあるうなぎパイファクトリーで工場見学やカフェを展開しており、こちらも人気を博していますが、数年前に北のほうに「nicoe]
というアミューズメントパークをオープンしました。

 

ここのダイニング。「コートヤードキッチン」。
出来た当初は、アロマフレスカの方が監修とか、ピザは愛知県のチェザリの方が見たとかいろいろと大きな感じで始まったようです。


最初のころにも行きましたが、浜松産の食品(特に野菜)を使ったイタリアンビュッフェで、夜はメインで肉料理もいただけました。
最近はメインはビュッフェではなく、予約時の追加という設定に変更されたようで少し残念。

 

少し時間がたって再訪しましたが、いつの間にか焼きたててのタルトが一番人気のようですね。
チーズとチョコレート。
焼きたてのアナウンスで並ばないとあっという間になくなってしまう状況ですが、個人的にはすぐ頂くより少しおいて落ち着かせてからのほうが酸味が落ち着いて甘味がより引き立ち、おいしく感じました。

 

イタリアンなので、パスタ、リゾット、ピザがあります。
お勧めはクワトロフォルマッジ。
生地はもう少し焼いてほしいですが、チーズがふんだんに盛られており、蜂蜜とのマリアージュがいいですね。

 

デザートにはパティシエが盛り付けてくれるプレートを頂くことができます。

 

アクセスには車が必要ですが、料金も2,000円ですし、お土産も沢山置いてあるので、観光にはいいですね。

 

週末は非常に混雑するようで、電話で問い合わせてからのほうがいいかもしれません。

f:id:koh2016:20170424161427j:plain

f:id:koh2016:20170424161234j:plain

 

 

ラーメンはありません 浜松 「幸楽」

浜松に戻ってきました。

この地域、実は豚がおいしいんですよね。
牛や魚の良い材料はメガロポリスに持っていかれてしまうので、難しい感じですが、豚は料理人の腕が試される食材ということもあり、探すと名店を見つけることが出来ます。

 

この「幸楽」は探したわけではなく、駅近くの繁華街にあり、古くからの有名店。
席は6席ほどしかなく、こじんまりとしています。
ちなみにラーメンは出してません。

 

メニューも基本的にはとんかつのみ。
定食はロースとヒレの2種類、値段は3段階の3千円前後。
違いは大きさだそうです。
キャベツはもちろん、赤味噌の味噌汁に漬物がついてきます。

 

数年前に食べログで全国1位になったこともあるそうな。

 

いただいたのはロースの真ん中。
ヒレのほうが肉の持っている脂は少ないですが、とんかつにすると揚げ油を吸うため、カロリーはヒレもロースもほぼ同じになるらしい。
油によってはロースのほうがヘルシーだとか。

 

とんかつにしては高めの値段ですが、非常に大きなカットで提供されます。
火入れも絶妙。豚はどうしてもしっかりと火を入れてくれてしまいますが、ピンクまではいか

 

ないけれど、硬くなる一歩手前。
脂も甘味がしっかりと出て納得の仕上がり。

 

たまに揚げ油が古いときもあるようですが、今回はそのような感じは無く、ボリュームのわりにサクッといただけました。

 

とんかつのおいしさを再認識させられるお店です。

f:id:koh2016:20170421111556j:plain

f:id:koh2016:20170421111512j:plain

 

 

 

蕎麦打ちにはまる理由

先日TVでやってました。
蕎麦打ちにはまる理由。

 

お店では朝まとめて打って、昼以降に提供する。
そうすると香りが飛んでいしまう。
自分で打つと、打ちたてを食すことができるため、香りの滅失が少ない状態でいただくことができるので、おいしく感じる。
そういった蕎麦を食した仲間からほめられてうれしい。
実際、科学データであるそうです。
熟成した蕎麦も別の香りがしておいしいけどね。

 

もうひとつ、難しい課題を与えられるとそれを乗り越えようと努力する。
勤め人として人生を過ごしてきた人がリタイヤ後に目標となるものを探すそうな。

 

TVの企画で取り上げられるくらい、最近盛り上がっているんだなぁという印象。

 

糖質コントロールしている身なのに、蕎麦打ちをやっているという相反した状態ですが、おいしいものはおいしいからね。

老舗のホットケーキ 豊橋「三愛」

豊橋の老舗喫茶店「三愛」

 

これぞホットケーキ!
最近流行のふわふわパンケーキではなく、紛れも無くホットケーキです。
「インスタ映え」ってやつですね。

 

Billsのようなのもいいですが、私はこちらのほうが好きです。
表面は香ばしくカリッと焼かれていて、厚みはあまり無いけれど、中はスポンジのような柔らかさ。

 

店主いわく、「最近はマロンクリームシャンティが持ち上げられているけれど、オリジナルはこっち。」と、マロンクリームをいただきました(というより、シャンティが一つ前の方で売り切れになったので。。。)。


これはこれで非常に美味。
きれいにカット、盛り付けされたホットケーキにマロンクリームとアイスミルク(脂肪分がアイスクリームではないと思う。)
外側からはマロンクリームがあまり見えないが、中にはしっかりと詰まっています。
ホットケーキの温かさとアイスミルクの冷たさの両方を楽しめますね。

 

もうひとつ季節限定のホットケーキ。
名前は失念してしまいましたが、イチゴを含め、たくさんのフルーツとクリーム。
ヨーグルトクリームでしょうか。酸味が利いていて、こちらも美味。
生クリームより硬質で崩れにくく、パンケーキに絡めやすい。
フルーツとの相性もよく、さっぱりした味わいなのでこれだけのボリュームでもサラりといただけます。

 

ドリンクは自慢のコーヒーと紅茶が多種あり。
コーヒーはいろいろな抽出用具があったので、使い分けている感じです。

 

そんな中チョイスしたのは「コーラ」
「キュリオスティーコーラ」
日本語で好奇心コーラですね。

 

世界一おいしいといわれているらしいです。
余計なものは使っていないそうで、甘味は強くなく、スパイス味がします。
炭酸も強くは無いです。
珍しい経験ができました。これは好みは分かれますね。

 

夕方には閉店してしまうので

 

、チャンスは作り出さないといけませんね。
生クリーム好きとしてはなんとしても「シャンティ」が食べたい。

 

f:id:koh2016:20170413170122j:plain 

f:id:koh2016:20170413170216j:plain

 

フェンティマンス キュリオスティーコーラ 275ml【楽天24】【あす楽対応】[フェンティマンス 清涼飲料]

価格:354円
(2017/4/13 17:02時点)
感想(7件)

名古屋名物 手羽先 「鳥開」

ゴヤB級グルメ堪能しました。

「鳥開」
名古屋市内に何店舗かある手羽先のチェーン店で、結構有名店らしいです。
名古屋コーチンと普通の若鶏があり、鳥肉で思い当たる居酒屋料理は一通りそろっていました。

 

知り合いに紹介いただいて、どうせなら洒落たお店より、地元密着のキタナトラン的なお店をお願いしたつもりでしたが、想像以上にきれいな店内でした。
最近改装したみたいですね。

 

席数はそんなに多くありませんでしたが、非常に回転率がよく、1時間半滞在でしたが、ほかのテーブルは2回転弱はしていたでしょうか。
皆さん、サクッと食べて帰ってゆきました。

 

手羽先に、土手煮、味噌カツもいただき、とりあえずナゴヤグルメは堪能した形です。
名古屋の甘い味噌、結構好きかも。

 

手羽先は名古屋コーチンと普通のを食べ比べ。
普通のもパリッと揚げられていて十分でしたが、コーチンのほうが弾力があって味が濃く、食べ応えアリ。

 

ほかにも、厚焼き玉子や焼き鳥も値段を考えるとすばらしいクオリティ。
から揚げもジューシーでよかったですが、上肝は絶品。
絶妙な焼き加減で、外皮から芯までの鮮やかな焼き色のグラデーション。
脂が口の中で溶けてうまみが伝わってくる。

 

いい居酒屋ですね。

f:id:koh2016:20170410135446j:plain

f:id:koh2016:20170410135508j:plain