Koh Note

食べたり、作ったり、

浅草のどら焼きといえば。。。

といえば、雷門の道向こうにある朝から行列の店。
大きくて虎のような焼き色をしたあいつが連想されますね。。。

 

実はその隣の西むら。龍が昇っていくらしいです。
ここ、穴場。

 

歴史も古く、味も抜群。
梅園ほどのワイルド感はなく、上品かと言われれば、そっちでもない。
中庸というか、普段使いにもってこいのお店。

 

隣は行列だけれども、こっちは基本的にいつ行ってもすぐ買える。

 

お値段も手ごろでサイズも手ごろ。
特徴がと言われれば考えるところだけれども、間違いはない。

 

昔からの和菓子屋さん。
近所にあると嬉しい感じ。

 

行列に並ぶのもいいけど、それを横目にこちらもどうぞ。

 

f:id:koh2016:20200201222830j:plain

 

年のはじめはやっぱりここから 梅園 浅草

毎年恒例行事。
うちの正月はここから始まります。
今年は息子も参加できて一人増えました。

 

浅草「梅園」

 

9時くらいなら浅草寺も動けるくらいの人の量。
お参りを済ませて、開店時間の10時まで入り口で待つ。
ちょっと前は開店前に行列はできていなかったが、ここ2-3年、列を成すようになってしまった。
なぜ今更?という感じだけど、まぁいいか。

 

10時開店のはずが、今年はフライングオープン。
5分前くらいに開いてしまい、遊びに行ってたメンバーが遅れてしまった。。。

 

入店前にカウンターで食券を買うシステムなので、今年は希望を聞けず、問答無用であわぜんざい。

 

やっぱり、甘い。
痛いくらい甘い。
でも、これがいい。

 

店頭販売の切り山椒の端っこが今年も販売してなかった。。。
去年は買い占めに会い、購入できず。
今年はタイミングが悪かったらしい。残念。

 

店内の縁起のよいごっつい鏡餅を拝見できたからよしとする。


実は、百貨店にも店出てたのね。。。

 

f:id:koh2016:20200113222506j:plain

 

f:id:koh2016:20200113222652j:plain

 

ご近所コーヒー テラコーヒー 大倉山

関東に戻ってきて、コーヒー店というより、飲食店のバラエティの多さに毎日気分が揚々!

 

コーヒー店もたくさんあって、生豆を仕入れて焙煎しているところがたくさん。
オーナーの方針で、焙煎の度合いや仕入れる豆の種類も店それぞれ。
そりゃそうだけど、これだけたくさんあると、好みの店を見つけるのも一苦労。

 

横浜の名店の一つといえば、ここではないでしょうか。
「テラコーヒー」

 

カエルのようなマスコットとともに、シングルオリジンから、横浜ブレンド等のオリジナルブレンドもたくさん。
基本的には深入り。
酸味を感じながらというより、苦みとコクでゆっくり長ーく楽しむスタイル。

 

コーヒーもさることながら、店舗で出しているケーキも秀逸。

 

家庭の味がレベルアップしたような感じ。
専門店並み。いや、それ以上?

 

深入りのコーヒーに合わせるように作られたのか、素材の味がはっきりとわかる仕立て。
複雑さはないけれど、はっきりとおいしいと感じられる。

 

コーヒーよりはまりそう。

 

f:id:koh2016:20191224123847j:plain

 

f:id:koh2016:20191224123922j:plain

 

f:id:koh2016:20191224124029j:plain

 

f:id:koh2016:20191224124050j:plain

 

横浜で点心といえばココ? 菜香新館 横浜中華街

横浜に越してきたので、中華街は外せないでしょう!

 

手始めに老舗の名店から。
「菜香新館」

 

低価格からハイグレード、路地裏の名店から本格の名店まで数知れず。
広い中国北から南まで、海側から内陸まで幅広いお店の種類がここに集結。
味も中国人向けから日本人向けにアレンジされたものまで、好みに応じて。

 

実はわたくし、中華にはまっていて、一品物もいいけれど、点心に目がないのです。
特にシュウマイ。

 

餃子とは違うあの肉々しさ。
もぅたまりません。

 

今回、大食漢がほかにいなかったので、品数は少なめですが、それでも米粉の春巻きやスペアリブ、もちろん餃子にシュウマイ、春巻きと一通り。

 

名物チャーシューメロンパンも忘れずに。
甘い生地に塩気のチャーシュー。
なんとも言えぬ味わい。。。

 

点心、品数が多いので、1度じゃ食べきれない。
また行こう。

 

f:id:koh2016:20191210140321j:plain

 

f:id:koh2016:20191210140421j:plain

 

ソフトクリームの可能性は無限大! 千駄ヶ谷 LAITIER

久しぶりの千駄ヶ谷
千駄ヶ谷といえばここしかないでしょう! 「レティエ」

 

フレンチシェフによるソフトクリーム。

 

乳脂肪の多い一本出しのソフトクリームがシェアを広げていますが、ここのは逆に乳脂肪が少ない。
少ないにもかかわらず、濃厚でクリーミー
ひとくちの満足感は抜群。
乳脂肪率の数字を知ると、驚くこと間違いなし。
今までの常識が覆る。

 

ソフトクリームの完成度も非常に高い上に、トッピングも非常に考えられていて、フレンチシェフによる技巧も凝らされ、パフェ以上の作品に仕立てられている。

 

ココのソフトクリームを食べたら、他では食べられない。

 

イートインスペースは小さいけれど、次はランチもいただこうかな。

 

f:id:koh2016:20191124150351j:plain