Koh Note

食べたり、作ったり、

コロッケ、コロッケ? 銀座 よし田

コロッケって、ジャガイモのマッシュにパン粉をまとわせてフライにしたもの。
ざっくりとこんな感じの料理だと思ってました。

 

アレンジはいろいろとあるけど、概ねこんな感じですよね。

 

よし田。
銀座にある老舗の蕎麦屋さん

 

銀座で1885年に創業し、現在はビルの2階に店を構えている。
ビル入口は、本当にここ?と思うような感じですが、2階に上がると昔使っていた表札がお出迎え。
中に入れば銀座で働く方々でぎっちり。

 

蕎麦屋のながっ尻なんてどこ吹く風。
夜は完全に飲み屋と化しています。

 

そんなディナータイムに一人で突入し、コロッケそばだけ注文するという行動に出る。
オーダーの時に、それだけ?感を若干感じた店員さんでしたが、快く受けてくれました。

 

結構、念願のだったのですよね。
近くに行くけれど、ほかに気になるお店があり、なかなかこれなかったなぁと思いをはせながら、出汁巻きや天ぷらも頼めばよかったかなと考えてる間に到着。

 

思ったより大きい。
その辺のハンバーグより大きいのではないか、このコロッケ。

 

コロッケというけれど、コロッケと姿形は全く別。
揚げているところくらいしか共通点はないのでは。。。

 

鳥のひき肉と山芋で作られた団子に衣をつけて揚げたそのコロッケ。
ボリュームも相まって十分な食べ応え。

 

肝心のそばも美味。
少し長いけれど、太さもコシもさすがという感じ。
少し甘めのスープに、ゆずがいいアクセント。
寒空の日に食べるには最高の一品。

f:id:koh2016:20200309221600j:plain

 

f:id:koh2016:20200309221734j:plain

 

f:id:koh2016:20200121191431j:plain