Koh Note

食べたり、作ったり、

浜松でうなぎ! ただし産地は・・・

浜松の名物といえば「うなぎ」と「餃子」、「牡蠣」が定番でしょうか。
実は野菜とか豚とかおいしいものは色々ありますが。。。

 

名物の中で、浜名湖で養殖されたうなぎは、東京にも出荷され、専門店等で舌鼓を打つことが出来ます。
最近では、白金や麻布にも浜松オリジンの店が出店し、その勢いを増しているとか。

 

浜松で食べるうなぎはやっぱり浜名湖産と思われますが、数店舗だけ、浜名湖産ではなく、同じ静岡県内の大井川産のうなぎを頂くことができます。

 

この大井川産のうなぎは「共水うなぎ」というブランドで、東京でもまれに見かける「坂東太郎」と並ぶ一大ブランド。

 

詳細はグーグル先生が詳しく知っているので割愛。

 

普段は関西風で出してくれるお決まりのお店で頂くのですが、今回は来客(良く来る人だけど)があり、店を変えてみました。

 

「うな正」

うなまさと読むそうです。

 

事前に電話して、ウェイティングリストに記載をお願いしていましたが、結果的に1時間ほど待って入店。
それでも、到着したときは既にのれんが下ろされており、電話していなければ入店することすら出来ませんでした。

 

メニューは当然ながらうなぎ料理。

うな重と白焼きをオーダー。

まずは白焼きがサーブ。
関東風に蒸してから焼き上げるスタイルで、焼もしっかりとではなく、ふんわり感を残す程度。

 

初めて食べた共水うなぎ。
一度蒸してあるので、ふんわりかと思いきや、しっかりとした歯ごたえ。
噛むことにうまみが染み出してくる。
初めて食べたこの感じ。ブランドと銘打っているだけの事を感じます。

 

白焼きの後はうな重

 

こちらは、コース料理のように、突き出し、漬物と順にサーブされ、お吸い物とお重、最後にデザート。

盛り付けも美しい。

 

蒲焼の味付けは、うなぎの味を生かすような薄味で、甘さが抑えられ、醤油を感じることが出来る。
共水うなぎを楽しむために考えられら味付け。

 

普通のうなぎに比べれば少し高い価格設定も、料理の内容を考えると納得。

 

普段はココまで待つことはないそうで、終始「待たせて申し訳ない」と仰ってくれ色々とお気遣いを頂き、人の良さも感じることが出来ました。

 

うなぎ、奥が深い。

 

f:id:koh2016:20190225152308j:plain

 

白焼き

f:id:koh2016:20190225152337j:plain

 

前菜 兜のにこごり

f:id:koh2016:20190225152712j:plain

 

漬物

f:id:koh2016:20190225152827j:plain

 

うな重とお吸い物(中は焼きふ)

f:id:koh2016:20190225152510j:plain

 

最後の甘味

f:id:koh2016:20190225152855j:plain