Koh Note

食べたり、作ったり、

調子に乗ってはダメです

蕎麦打ち夏の陣。
練習会にもっていくために大量に買ったものを少し確保してあり、冷凍保存。
それを解凍してやりました。
このロットは最後になります。

 

常陸秋蕎麦

 

良い状態をすぐに冷凍したため、解凍後もその質を維持。
1ヶ月経って、香りが少し抜けた感じはするけれど、さすがの味でした。


<メモ>
室温 28℃ 湿度70% 晴れ

粉 450g + 50g 計500g
水 200g + 20g 44.0%

水回し 5分、1分
コネ  5分

TTL 35分

 

加水率44%だったが多い感じ。
前回は44.5%。冷凍で時間が経っていたので少し乾いていると思いきや、全くそんなことはなく。

 

コネの前の手水が不要で、勝手にまとまってしまった。
柔らかめのドゥが出来、作業は容易。

 

容易すぎて調子に乗ってしまい、伸しすぎで薄くなりすぎ。
水分が多いので打粉も多めに必要も、そこまで多くなく、作業台に張り付き、1部破れるという大失態。

 

そのリカバリで時間を使ってしまい、残念。

 

味も良く、のど越し、コシも十分な出来で、破れたところ意外はなかなか良い出来であった。

 

小麦の量も関係するけれど、加水率が高いと、味も少し薄くなる気がする。
自宅では大体トイチで練習するが、水分量と味も関係しているように思える。

 

次回はいつ出来るかな。