Koh Note

食べたり、作ったり、

オーストラリアのギリシャ?? THE APOLLO 銀座

アポロという名前はスペースシャトルを思い出してしまいます。。。

 

THE APOLLO

 

ギリシャ料理なので、そちらの方がやっているのかと思いました。
オーストラリアの方がやっているそうですが、実はオーストラリアは世界的にもギリシャ人が多く住んでいる国だそうで、その理由も納得ですね。

 

ギリシャは地中海の一角をなしていて、いわゆる地中海料理と中東系のMIXのような印象を持っています。
オリーブオイルをふんだんに使い、フムスや羊肉といったイメージですが、明確なものはありませんでした。

 

コンクリート打ちっぱなしのシンプルだけれどもおしゃれな店内にオープンキッチン。
東急銀座の高層階に位置し、眺めもよし。

 

それだけで満足できますが、味も大満足。

 

オーダーしたそれらのメニューは、シェアするのがギリシャスタイルということで、ひと皿2-3人前とポーションも大きく、独特のスパイスや調味が素材の味を生かしつつ、独特の風味を加え、心から満足出来ました。
スパイスといっても、それほどキツイ物は少なく、風味レベル。

 

ラムショルダーはしっかりと煮込まれホロホロほぐすことが出来、ラムの風味がしっかりと現れ、これぞ羊といわんばかりの一品。
コレだけ食べにきてもいいかもしれない。

 

豚肩のグリルもソースのマカダミアナッツとザクロが微妙な酸味と甘味、そしてナッツのコクがミックスされ、ソースだけでもひと品になりそうなクオリティ。

 

デザートにレモンパイは頂きませんでしたが、ココナッツのアイスとパートフィロをチョイス。

 

ウゾって?と思いましたが、ギリシャのお酒みたいです。無色透明のリキュール。
コレでマリネしたマスクメロンにココナッツクリーム。クリームというより、ほぼソルべですね。はさっぱりとしていましたが、その中にもクリームのコクがはっきりと感じられ、濃淡両方を感じられる品。

 

パートフィロもサクサクの生地にナッツとレーズンの食感、そしてコーヒークリームの苦味と様々な味が楽しめます。

 

このボリュームと味でこのロケーション。
心もおなかも大満足!

 

ラムショルダー

f:id:koh2016:20180606133027j:plain

 

豚肩ロース

f:id:koh2016:20180606133101j:plain

 

ピタとフムス

f:id:koh2016:20180606133203j:plain

 

マスクメロンのウゾマリネ

f:id:koh2016:20180606133538j:plain

 

パートフィロ

f:id:koh2016:20180606133947j:plain

 

f:id:koh2016:20180606132956j:plain

 

f:id:koh2016:20180606134023j:plain