Koh Note

食べたり、作ったり、

完全にだまされた!初めてのソフトクリーム LAITIER 千駄ヶ谷

甘党でありミルク党(あんこも好きだけど)にとって最高の食べ物は何といってもソフトクリーム。

 

乳の味がしっかりと味わえ、クリーム感の強いもの、牛乳感の強いもの、甘味の種類や空気の含有量による舌触り。
ひとくちで楽しめる種類の多さは計り知れないです。

 

専門科には及びませんが、それなりにソフトクリームを食べてきて、好きな要素は確立されてきているんですが、ここレティエにはやられました。

 

ソフトクリーム専門店として、東京体育館近くの閑静な街中にオープン。

 

基本的に乳脂肪分が高く、加糖を減らしたものは濃厚な味覚を得ることができる。

 

ココのソフトクリームもファーストインパクトで、生クリームのような濃厚さと、適切な温度管理から絞られたとわかる舌触り。
なんともいえないその口福を感じることが出来ます。

 

終盤になると溶け出してくるような軽い密度ではなく、どっしりとしたものでありながら、絹のような滑らかさはしっかりと。
最高のソフトクリームのひとつ。

 

ココまで濃厚なソフトクリームなら、さぞ脂肪分も多いんだろうなと思っていたらやられました。

 

なんと4.5%!

 

牛乳と大して変わらない。
それなのにこのコク。

 

よほど材料となる牛乳の味が濃厚で、研究を重ねたミックスなんだろうと。
さすが元料理人。

 

お店ではトッピングをして作品として完成されると記載があった気がしますが、まずはプレーンを食べて欲しい。

 

カルピジャーニのマシンから絞られる最高のソフトクリーム。
絶品。

 

f:id:koh2016:20180525092006j:plain

 

f:id:koh2016:20180525092039j:plain

 

f:id:koh2016:20180525092105j:plain