Koh Note

食べたり、作ったり、

1日がはじまり、ホテルを旅立つ ザ・フジヤ 富士屋ホテル 箱根

昨晩に引き続き、ザ・フジヤで朝食を。

 

ホテルの朝食は大体、ロビーラウンジのブッフェで済ませますが、今回はせっかくなのでメインダイニングで優雅に。

 

ホントに優雅でした。

 

卵の調理方法と肉の種類が選べるオーソドックスなセットと、富士屋ホテルオリジナルのフレンチトーストを頂きました。

 

卵はオムレツをチョイス。

 

このオムレツも焦げ目のなく、キレイな黄色の楕円形。
ナイフを入れるとトロッと半熟の卵が流れ出す。

 

お手本のようなオムレツ。

 

フレンチトーストは、通常のフライパンで焼いたものではなく、揚げたもの。
他ではなかなかお目にかかれないもの。

 

朝から揚げ物でヘビーかと思いきや、軽い油でカリッと仕上がり、甘味も少なくぺろりと間食。

 

ちょっとした野菜とコーヒーと共に。

 

オムレツの場合、クロワッサンやパンドミはお代わりをいただけました。

 

ブッフェであれもコレもと目移りしながら楽しむのも良いですが、時間をゆっくり使って気持ちも優雅に過ごせるのも、ホテルの醍醐味。

 

朝食は1日が始まりますが、たいていはコレでホテルを去ることになります。
ディナーや部屋も大切ですが、印象として残るのはココなのではないか、そして、ココが一番大切なのではないかと。

 

オムレツ パンは特製ジャムと共に

f:id:koh2016:20180507092943j:plain

 

フレンチトースト

f:id:koh2016:20180507093022j:plain