Koh Note

食べたり、作ったり、

初めての蕎麦粉は慎重に

違う蕎麦粉に挑戦してみようということで、楽天で検索していたら面白いものを発見。

 

デワカオリ

 

食べたことなかったし、そこそこ打ちやすいとのことだったのでチャレンジ。

 

最初はいつも通りトイチ
案内では加水率52%が目安とありましたが、それは入れすぎでは?と勝手に判断。
いつもどおり水を用意。

 

袋を開けた瞬間、いやな予感。
脱酸素材が入っている。
これ、大事なんですが、あまり良い印象がないんです。

 

しかも、空けた瞬間、乾いた感じが強烈に漂ってきた。

 

何とかなるだろうとやってみましたが、過去最高の失敗。
まとまらない、リカバリーも効かない。どうしようもない。

 

まだまだということです。

 

2回目は守りました。
二八にセットし、水も多めに用意。

 

今度はまずまずの結果。

 

ズル玉を髣髴させるような柔らかさでしたが、許容範囲。

 

ですが、水分量の問題か、打粉を多く使ったつもりが足りておらず、切っていくときに重ねたところがくっついてしまう。
ゆでても分解できず、不本意な結果に。

 


<メモ>
蕎麦粉:山形 デワカオリ
室温19.5度 湿度43%

粉500g+つなぎ100g 計600g
水1回目275g 2回目40g 加水率52.5%

水回し1回目5分 2回目2.5分
コネ5分

TTL 35分

 

柔らかい仕上がりだったので、早い時間で終了。
過去最短かもしれない。

 

香りも今までの木や土っぽい感じとは違い、わさびを髣髴させるようなものでした。
味もしっかりしており、二八なのにいつものトイチのような濃厚さ。

 

リベンジしたい。

 

f:id:koh2016:20180412075948j:plain