Koh Note

食べたり、作ったり、

圧巻の栗蒸し羊かん 龍昇亭西むら 浅草

安政元年(1854年)創業の老舗。
全国的に有名な「亀十」のとなり。

 

金龍山浅草寺の御供物を引き受けていたことにより、龍昇亭と名づけられたそう。
名物は栗蒸し羊羹。
店頭に並ぶ栗蒸し羊かんは圧巻。
表面にぎっしりと敷き詰めら得た栗とが神々しく光っています。

 

伝統的な手作業での製法を守り続けて仕上げられた餡も、その栗の味を生かすために仕上げられたよう。
甘さも小豆の味も主張を抑えられ、まさに栗を楽しむ羊羹です。

 

忘れてはならないどら焼き。
生地はしっかりと焼かれて少し色が濃く、厚さもありふわっとした印象。
あんこは密度が高く、ぎっしりとした仕上げ。
大きさも隣とはちがい、通常サイズでお値段も手ごろ。

 

店頭には季節の生菓子と、パック詰めの和菓子もおかれています。
その中の「かりんとう煎餅」は普通のかりんとうとは違い、ぞうりのような楕円の形で薄いフォルム。
パリッとした食感が癖になります。

 

隣は連日、開店から行列でどら焼きの購入が困難ですが、ここは全く並ぶことなくスムース。
行列が出来る理由はいろいろありますが、西むらにも行列が出来てよいのではないかと感じますが、サクッといってサクッと買えるところがまたよいですね。

 

f:id:koh2016:20180112072844j:plain

 

f:id:koh2016:20180112072913j:plain

 

f:id:koh2016:20180112072943j:plain