Koh Note

食べたり、作ったり、

2017年最後の そば打ち

毎年恒例の年越しそば打ち。

 

今回も師匠の家で個人レッスンを受けることができました。

普段の練習会と違い、的確なアドバイスを受けることができ、非常に勉強になります。

ひとつづつ、一歩一歩ですね。

 

2017年最後はいつものお店から、「常陸秋そば」を調達。

1kg購入したうちの600g。

実家は食べる人が多くて助かります。

残りは1月に。

 

〈メモ〉

粉700g (600g + 100g)

水 1回目 300g 2回目 20g (45.7%)

 

水回し 7分 

コネ 6分

TTL 43分

 

粉は30日にお願いしたこともあり、非常に状態が良く、水分も多く含まれていました。

前回の小谷から、一気加水に挑戦していたらしく、そのやり方を指南いただいた。

水回しの時間が短縮されたが、動きもゆったりと、粉に対しても集中して取り組むことができ、出来上がりもよかった。

 

課題のノシに指導を受けながらで時間がかかったが、片づけこみで43分は上出来。

キャリアハイに近い出来だったのではないだろうか。

 

量も若干多いため、麺棒も2本使い。

最初の幅だしは麺の長さを決め、角度を変えてフィニッシュへといったところか。

 

粗挽き粉も調達したので、次回はミックスで。

格段に難しくなるそうだがいかに。