Koh Note

食べたり、作ったり、

ビジュアル満点の天丼 天喜代 東京駅グランルーフ

海外ネタもひと段落。

 

帰国後に東京駅で天ぷら。

 

首都圏に展開している下高井戸旭鮨総本店系列の天ぷら店。
天ぷら専門店のオリジナルではないにせよ、老舗からの出店。

 

東京駅八重洲中央口目の前と最高のアクセス。
「大江戸天丼」が有名で、列こそ成していませんでしたが、席を用意いただけるまで若干の待ちあり。

 

大江戸天丼はアナゴを1本使用した天ぷらに海老が2本と、この時は牡蠣と野菜が少々。
箸休めに明太子マヨのようなものと、小鉢におしんこ、味噌汁が付いてきます。

 

丼の蓋をたくみに利用した盛り付けの工夫もあり、アナゴと海老が見事に立ち上がり、気分も上がりますね。

 

食材の仕入れは鮨と同じルートでしょうか、素材のおいしさは一品です。
盛り付けに時間がかかってしまっているのか、個体差の問題か、天ぷらは湿気が多い印象。

 

ご飯も水分量が多く、タレと合わさって少しべたっとした感じ。
個人的には硬めに仕上げたご飯に、タレをしみこませたものが好きなのですが、そういう感じではありませんでした。

 

ご飯の量も多いので、少食の方はオーダー時にお願いすると良いかもしれません。

 

周りの方は丼ではなく、膳のオーダー率が高く感じられましたが、たまたまなのか実は定食が美味なのか。

 

2,000円でおつりが来る価格で、この味とボリュームなら文句は無いですね。

 

f:id:koh2016:20171211132905j:plain

 

f:id:koh2016:20171211132938j:plain