読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Koh Note

食べたり、作ったり、

教訓

金沢ツアーで、白川郷に向かう途中、道中の道の駅でそば粉を購入しました。

以前も道の駅で買って、うまくいかなかった事があったけど、今回はそば処ということもありある程度信頼していましたが、やっぱりです。

 

道の駅やお土産店で購入するものは、真空パックにされているものの、いつ挽かれたかわからないし、直射日光にさらされて、保存が良くないケースが多く、蕎麦打ちには向かないようです。

 

今回購入したのもそういった一品だったようで、大失敗をしました。

水回しが上手くいかず、50%以上の加水をしても玉にならず、そば切りの体を成すことができませんでした。

折角買ったのだしと思い、「おやき」にしようとリカバリーを試みましたが、うまくゆかずボロボロのまま。

 

一部ニョッキ風に成形し、味わうことができましたが、風味も味も飛んでいて、非常に残念な結果となりました。

 

薄く延ばして、トースターでチップスにしたものはおいしかったですが、それでは醍醐味が薄れてしまいます。

 

というわけで、そば打ちようの粉はちゃんとしたお店で購入するに限る。

土産店の粉はガレットやおやきにはいいけど、そば切りには向かない。

今回の教訓はこれですね。

 

広告を非表示にする