読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Koh Note

食べたり、作ったり、

魚焼きグリルのローストポーク

Cooking Meal

 久しぶりに、肉の実験をしました。

使ったものは豚のモモ塊。予算の都合で牛じゃなくて豚。
ホントはバラを使いたかったんだが、売っていたのが700g以上と大きかったため、今回は断念。
食べきれないことはないのだけど、夕飯にひとりで消費する予定だったのと、実験なので余り大きいのも何かなと。

我が家では塊肉はフライパンで焼くか、鍋で煮るかの2択。
炉釜で焼いたように表面をカリッとさせたかったので、今回使ったのは魚焼きグリル。
鍋だと温度管理に注意が必要だし、カリッとしない。
フライパンは付きっ切りにならないと焼けないので、オーブンかグリルの利用を考えました。
個人的に、ガスの能力に魅力を感じているので、グリルを採用。(ガスオーブンならオーブン使うのだけど)

やり方はいたって簡単。

肉を常温に戻す
重量の0.8%の塩をすり込む。
余熱していないグリルに入れる。
休ませる。

と言う感じです。

我が家の魚焼きグリルは両面焼きと嬉しい構造だが、庫内が広くないため、備え付けの網を取り外してバットに専用の網を敷いて大きく使いました。
余熱はしてもしなくても良いんだけど、キーの温度をゆっくり通過させたかったので、あえてしませんでした。
と言っても魚焼きグリルの余熱はすぐ終わってしまうのだけどね。

更に、機能として10分でアラームが鳴り、自動で火が消えるようになっているんですね。
これが便利。火入れと休ませるのを自動でやってくれる。

これを利用して、10分火入れ、10分休息を3セット。
一応やり方は、肉の火入れの本を参考にいたしました。

表面にオイルを塗るのを忘れてしまい、カリカリ度が少し下がりましたが、上々の出来。
余分な脂も落ちて、コラーゲンが残り、肉自体も旨み(水分)がシッカリとホールドされていました。
中心温度は測りながらやりましたが、最終は70度ほどと少し高めになりましたが、許容範囲。
ロゼ色の豚が生理的に難しい人にはちょうど良いと思います。
最後にビビッて5分の火入れをしたのが余計でした。。。

次回は豚バラで挑戦。

f:id:koh2016:20170313162755j:plain f:id:koh2016:20170313162833j:plain

 

>家で「肉食」を極める!肉バカ秘蔵レシピ 大人の肉ドリル [ 松浦達也 ]

価格:1,404円
(2017/3/13 16:32時点)
感想(2件)

 

こういうシンプルな料理はわさび塩で食べるのもおいしいね。

>【とんねるずのみなさんのおかげでした で紹介!】わさび塩 わさびのおいしいお塩 【国産】(とんねるず/みなおか/ワサビ塩/静岡県/田丸屋/わさび/山葵/ワサビ/わさびの塩/伊豆/西伊豆/塩/お茶漬け/塩わさび/塩ワサビ/お肉/)【10P07Nov15】

価格:270円
(2017/3/13 16:36時点)
感想(124件)