Koh Note

食べたり、作ったり、

大河に便乗して 鰻

実は前回の記事、その1じゃなかったね。
abondanceはおいといて、冶一郎のロールケーキ紹介していた。。。

今回は「うなぎ藤田」

2016年に白金にも出店しましたね。
都内では豊田にも昔から1店舗あるそうです。

うちはクリスマスに鰻を食べます。
旬は冬って言うし、洋食店は混んでいそうだから、鰻。
寿司でもいいんだけど、近所の名物も知っておこうとね。

浜松駅前にもありますが、今回は小豆餅の店舗に訪問。
電話では混んでいるかもなので、予約は承るが、応じれないかもとのコトでしたが、行ったら空いてた。

藤田は関東風のふっくらとした感じ。
タレは濃すぎず少し甘め。

職人の差なのか、今回は少しダレてたかな。

浜松にはいろんな鰻店があるけれど、駅から近いトコ、遠いトコ、混んでるトコ、穴場なトコいろいろあります。
個人的には混んでいて待ちの長いところは好きじゃないです(こういった店は予約不可が多くて)。

こういった宣伝をがんばって拡大しているお店もいいけど、
この店の近所に「加和奈」と言う関西風の店舗もお勧め。
表面はパリッと。タレも若干焼けていて、それがまた美味。

駅前で悩んだら北口の「八百徳」(関東風)かな。

 

2017.1.22追記

オリジナルは豊田だったみたいです。

浜名湖で養殖していた初代が豊田に店を開いて、浜松に戻ってきた。

そんなストーリーです。

f:id:koh2016:20170113092043j:plain f:id:koh2016:20170113092120j:plain