読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Koh Note

食べたり、作ったり、

清寿軒

甘味

 

せいじゅけん。

創業は文久元年、1861年だそうです。

 

小判と栗饅頭を頂きました。

ここの味はワイルドですね。見た目もワイルドだったけど。

小判と言いつつ、アンのボリュームは大判(普通のどら焼きの形)と同じくらい。

生地1枚ではさんでいるだけの違い。

 

その日の振れ幅の問題か、生地はしっかりと焼かれていたが焼きすぎず、香ばしい。

アンはうさぎやの様なやわらかい甘味ではなく、ガツンと来る味。

かといって甘すぎない。

 

ひとりでバクバク食べたいどら焼きでした。

 

東京駅からちょっと遠いのが玉にキズ。

 f:id:koh2016:20161125154645j:plain   f:id:koh2016:20161125154800j:plain

 

 

 

広告を非表示にする