Koh Note

食べたり、作ったり、

Erick South 八重洲地下

東京駅の八重洲から京橋、銀座方面、新橋にに至るまでにカレーの有名店が沢山あります。
ジャパニーズカレー(私は欧風カレーをこう言ってます)、インド、スリランカ、ネパールなどなど。
インド・XXXカレーと言う店名は概ねインドではなく、XXXの国のカレーだと以前インド人が言ってました。
日本人はカレーと言えばインドだと思っているから、宣伝効果としてインパクトが違うと。

 

私個人のカレーに対する意識として、カレーは「ソース」だと思っています。
ライスと共に食べる必要も無く、サラダにかけたり、肉と食したり(日本人なのにジャポニカ米が得意ではないと言うのも理由ですが)。

久しぶりの東京ひとりランチだったので、以前から気になっていたカレー店のひとつに突撃。

 

「Erick South」

 

ミールスがいただけるだけで、なんだかうれしくなりますね。
ビリヤニも用意があるようですが、タイミング悪く入店時には売り切れ。
定量を何回かに分けて炊いているようで、1時間位ごとの出来上がりのようです。

 

今回はシーズンモノのフィッシュカレーとマトン、日替わりのアビヤルという3種をチョイス。
アビヤルはインドでも遭遇しませんでしたが、ライタにスパイスを入れた感じですね。

 

ライスは長短2種類が盛られており、お変わり自由。
サンバル、ラッサム、卓上のピクルスたちも自分次第と、非常に現地っぽい。

 

カレー自体のスパイスも日本人向けに調合しているように感じられますが、しっかり効いており、非常に美味。

 

もうちょっとベースの厚みがあるとうれしかったのですが、この感じを出すのは食品そのものではないほかのファクターが影響するのでしょうか。
日本で食べるインドカレーは総じてそのような印象を受けます。

 

パパドも乗ってるし、満足です。
これで生オニオンスライスが出てきたら言うことなしですね。

f:id:koh2016:20170727150911j:plain

f:id:koh2016:20170727151133j:plain

f:id:koh2016:20170727151214j:plain

NZの牧草牛に手間のかかった国産牛 ザ・ミートロッカー コレド日本橋

赤身の肉。
霜降りもおいしいけれど、赤身もおいしい。
特にステーキとして「食らう」となると、赤身のほうがそれっぽい気がします。

 

コレド日本橋に、そんな「肉」を比較的リーズナブルにいただけるところがありました。
「ザ・ミートロッカー」
ニュージーランドのシルバーファーンブランドのステーキと北海道の豊西牛。
昼はボリュームのあるサラダが付いたセット。夜はグリルバーとして、豊富なワインと共にアラカルトで様々なステーキがラインナップ。

 

ランチは大体7oz(オンス:1オンス30グラム弱)のステーキがメイン。
今回はシルバーファーンのサーロインと豊西牛お勧め部位(この日はランプ)。
ランプはサーロインとイチボの間の部位。
個人的にはココは比較的安価ですが、肉としての味、火入れの楽しさを感じられる部位だと思っています。

 

ボリュームとしては7ozなのでそこそこありますが、両方ともサシが少なく、マグロのような赤身のため、さっぱりといただけました。
やはりサーロインのほうが肉の柔らかさはありましたが、ランプも肉としての味がしっかりと出ており、どちらもすばらしい出来栄え。
ソースを別添えでお願いすれば、塩コショウのみで頂くことも出来るため、肉のみの味も楽しむことが出来ます。

 

オーダー時に焼き加減を聞かれ、同行者が「よく焼き」が好きなため、「ミディアムウェル」と頼んだのに「レア」が出てきたのはびっくりしましたが、満足いただけたようでよかった。

 

パンとライスを選ぶことができ、パンをチョイス。
クラストの柔らかいバケットを予想していましたが、ちゃんとクラストが硬めのものでした。
ポテトもあったため、両方頂くと炭水化物がちょっと多いかなと。。。

 

ミートロッカー自体はチェーン展開しており、日本橋のほかにも数店舗と、ブランド違いの系列店で豊西牛や牧草牛がいただけます。

 

ココは、扉を開けて入るようなかしこまったステーキハウスではなく、バーのようにオープンですので、気持ちも軽く良質なステーキを頂くことが出来ますね。

f:id:koh2016:20170724104730j:plain

f:id:koh2016:20170724104905j:plain

f:id:koh2016:20170724104957j:plain

やっと見つけた! Toshi Yoroizuka Tokyo 京橋

以前、ミッドタウン店でフェアモノの限定ワンディッシュデザートを頂いて以来、私の中でヨロイヅカは特別な存在になっていました。

 

ミッドタウンのほかに、八幡山、小田原に店舗がありますね。
八幡山はあるところの通り道ですが、なぜか行った事が無く、だいぶご無沙汰していました。

 

京橋駅直通で、東京駅からも徒歩圏内とアクセスしやすい場所に登場したおかげで、以前より気軽に行くことが出来るようになりました。

 

一通りのケーキと焼き菓子があり、テイクアウトもイートインも可能で、食事メニューやパンも揃えてあります。

 

フロアは1階と2階があり、1階はカフェスペース、2階はコースがいただけるスペースとなっています。
都合により、2階は利用せずも、2日連続での利用。

 

1日目はプティガトーとカキ氷を。
2日目はプティガトーを。
そしてパンのテイクアウト。

 

それぞれの作品は言わずもがなと言うところですね。

 

その中で、これだけは書き残しておきたい。
シュークリーム
もう絶品。
例のサクサクのシュー生地にその場でたっぷりとクリームを注入して頂けます。
バニラやカスタード、クリームと言ったそれぞれの素材のどれが際立つと言うわけではないですが、すべてのバランスがよく、本当に完成度の高い一品。
感動しすぎてそれ以外に感想が出てきませんでした。

 

知らなかったのですが、この方、パンもやっていたのですね。
テイクアウトで数種類頂きました。
特別な感じではないですが、どれもあったら食べたいと言う作品。

 

アンパンもさすが菓子屋のアンパンと言う内容。
しっかり焼かれたパンに、甘いけれど、小豆の味がしっかりと感じられるアンがぎっしり。

 

ラインナップの中に、「パンデピス」というのがあり、これがお得。
パンデピスというとフレンチトーストを想起しますが、全くの別物。
デニッシュ生地の中にアップルパイのダマンドのようなものがぎっしり。
パンの端材をフルーツと洋酒で漬け込んで作ったモノがあり、昔のパン屋さんでよく売っていたと言う情報を教えてもらい、それではないかと言う話。
長さ20センチ大のパテ並みの大きさ。ずっしりと重いです。
これで1本500円。
これを買うために、2日目も行ったというのが本音です。

シュークリームとパンデピスの為だけにでも通いたい。

 

f:id:koh2016:20170721113232j:plain

f:id:koh2016:20170721113333j:plain

f:id:koh2016:20170721113431j:plain

f:id:koh2016:20170721113519j:plain

地元で人気のフルーツパーラーの2店舗目 ノベラ 浜松

元はまつもとフルーツという果物屋さんの2回に「TRE・PINI」というカフェがあり、そこでフルーツパフェやタルト、各種食事を提供していました。
旬のフルーツ使用したパフェが人気のカフェで、浜松では人気のフルーツパーラーです。

 

そこの2店舗目。「fruta restaurante Novela
リストランテという名前が付いてますが、カフェですね。

 

浜松なので、アクセスには車が必須。
この地の公共交通機関は便利とは言いがたいです。
席数と駐車場のバランスは取れていますが、回転数が高くないため、時間によっては路上で待つことになってしまいます。
住宅街の袋小路にあるため、気を使うところ。

 

メニューはTRE・PINI同様、フルーツを使ったスイーツや軽食。
季節のパフェはそこそこしますが、定番メニューはリーズナブルで、ボリュームも大きくフォトジェニックな盛り付けのため、女子会にはもってこいです。

 

パフェも希望を聞いてくれるため、店頭にフルーツの在庫があれば、可能な限り答えて頂けます。

今回は葡萄と桃のパフェの2点をオーダー。

 

双方季節モノで、葡萄はマスカット多目でとお願いしたところ、シャインマスカットしか在庫が無いので、金額的に折り合うよう調整しますと、マンゴーも登場。

 

少し待ちましたが、丁寧なカットを施したフルーツがふんだんに利用され、大きな器で提供。
素材の味はしっかりとしており、瑞々しく、複数の品種も味わうことができ、クリームも動物性の味をしっかりと感じられます。

 

タルトを含め、料理自体の味は手作り感が感じられますが、フルーツをダイレクトに味わうことのできるモノはさすが果物屋さんです。

 

f:id:koh2016:20170718114315j:plain

 

f:id:koh2016:20170718114347j:plain

半年ぶりの練習会

久しぶりに練習会に参加しました。

参加しているグループの練習会自体は毎月開催されているのですが、会場が東京なので、なかなかスケジュールが合わないんですよね。

 

ということで、久しぶりに霧下蕎麦粉を二八で。

この粉は通販でしか手に入らない上に、単価が若干高いんです。

送料もかかるので、余計に割高。上品でいい粉なんですけどね。

年間で一定の味を担保しているため、北海道産を中心にブレンドとなり、難易度も高くないので、基本に立ち返るにはとても良い粉だと感じます。

 

今回のメモ

粉400g つなぎ100g

水1回目180g 2回目40g(加水率44%)

水回し1回目4分 2回目7分 こね5分

TTL40分

 

人数もいたため、比較的スピードを意識。

切りまではいいペースだったのですが、駒板が滑らない事件が再発し、そこで時間を使ってしまった。前半は1㎜くらいで切れたのが、後半は2㎜くらい。

それ以外はまずまず。水回しもうまくいき、長すぎるくらいしっかりとつながり、端材もほとんど出ず。

丸出しがモット正円になればきれいな四角に仕上がると指導いただいたので、次回はそこ注意ですね。

 

持ち帰り用に1kg調達したので、次回は自宅でお客も来るのでこれを忘れずに十一でやるべし。

 

広告を非表示にする