Koh Note

食べたり、作ったり、

ひとつ、ひとつ、上達を

怪我の功名とでもいいましょうか。

前回の練習会から約1ヶ月。
その時、福井の粉を持参したので、変わりに霧下の粉をいただきました。
冷凍庫で1ヶ月、つなぎと混ぜて保存していたわけですが、ファスナーを過信しすぎました。
通常、袋を2重で保存しているのですが、今回はファスナー付き袋のみ。

開封したらやけに乾いているんですよね。粉が。
水回しも、当時の加水量を参考にしていたら、全くまとまらない。
結果的に50%近く入れましたが、もう少しと言う感じ。
硬めの仕上がりとなり、案の定、のしで切れました。

開き直って、分裂したものを1枚ずつ適正な厚さまで伸して、切りの練習に利用したのですが、これがよかった。
比較的まともに出来たものを、通常通り畳んで切りましたが、終盤、駒板が滑らないんですよね。ココまでは最近よくあること。

駒板を押さえる左手は、影絵で「きつね」を表現するときのように、人差し指、小指、親指の3本で押さえ、中指と薬指は背を使って添えるだけ。
普段は均等に圧がかかるように乗せていましたが、重心をいろいろと変えてみました。

試行した結果、人差し指と親指の右端、しかも駒板の立ち上がっている部分に沿わせる位置に重心を置くとスムースに進むんですね。
しかも、細く切れる。
始めは包丁で送っていく動作をしましたが、慣れてきてからそれもリズムで行えるようになり、終盤はお店並みの細さ。

今回も寒かったので、温蕎麦にしましたが、これもあたり。
細く出来たので、汁と蕎麦の味がバランスよく、どちらかが際立つと言うこともなく、料理として楽しむことが出来ました。
相変わらず温にする時の茹で加減は難しいですね。

蕎麦屋の実力は「かけ」でわかる。
うまくなりたい。

糖質制限について

最新ではありませんが、面白い本を見つけました。
「炭水化物が人類を滅ぼす」

最近、糖質制限ダイエットが流行っていますが、糖質は摂取しなさいと言う方々も多くいます。

私自身、部活のパフォーマンス向上のためにウェイトトレーニングを始めてから、効果を高めようと少しだけ勉強しました。
「なぜか」と言う理由は明確ではなかったけど、既にいわゆる主食とされている「炭水化物」(要は糖質ですね)に疑問を持っていました。
ボディビルダーが減量期に高カロリーである良質な「オイル」を摂取して、脂肪をそぎ落とす。
なぜ、オイルなのか。やせたいならカロリー制限をして、脂肪の摂取を控えるべきではないか。
その時は、体のエネルギー源を「糖質」から「脂肪」へと替えれば、減量できるんだな程度に考えてました。
レギュラーガソリンからディーゼルにするイメージですかね。

その後、楕円球を使う競技を引退して、最大30kgほどの減量に成功しました。
この方法も基本的には糖質制限ウェイトトレーニング
結果、筋肉も相当落ちましたが、早いし、健康的にやせることが出来たとおもう。

この本では、なぜ炭水化物が必要でないのかと言うことを、ロジカルに解説してる本です。
理系的側面が非常に強いですが、3大栄養素の摂取バランスを考えることが出来る仕上がりになっています。
栄養学(生理学かも)や、生物の進化の過程から、必要な「エネルギー」を解いてくれます。
本人も医者なので、医学的見地からもこれを広めたい理由、広めたくない理由が書いてあります。

糖質制限ダイエットをする、しないにかかわらず、健康的に生きるための知識として一読する価値あり。

 

>炭水化物が人類を滅ぼす [ 夏井睦 ]

価格:950円
(2017/2/24 10:09時点)
感想(28件)

 

こっちが先の出版ですが、傷の治療についても本を出されています。
過去に自転車乗車中に車に引かれ、半身ズル剥けになりました。
その時の医者からは特に勧められませんでしたが、正しいやり方は知りませんでしたが、湿潤法(と言ってもサランラップ張っただけですが)早く、キレイに治癒しました。
その治療方法をちゃんと説明してくれています。ご参考に。

 

>傷はぜったい消毒するな [ 夏井睦 ]

価格:907円
(2017/2/24 10:12時点)
感想(47件)

 

広告を非表示にする

仙川めぐり パン ムッシュ・ピエール

これも仙川です。
前回紹介した中華料理店の近くに偶然発見したパン屋さん。
ムッシュ・ピエール

地元の有名店だったかもしれません。
非常においしい。

それぞれの大きさは小さい方だと思う。
その分価格も控えめ。

何種類か頂きましたが、皮はそれなりにハードですが、厚みもさほどなく、心地よい食いつき。
数種類の生地があり、それぞれの特性がシッカリ生きる仕上がりとなっています。
小麦以外の材料(ナッツとかフルーツとか)も沢山練りこまれていて、贅沢な仕上がりだと思います。
バケットからパンドミまで、「これってこういうパンだよね」という表現をしたくなる。

店内はこじんまりとしていて、1-2坪ほどのディスプレイスペースと、同じくらいの焼き場が一体となっていて、レジで仕切られている感じ。

街のおいしいパン屋さんって感じです。

また食べたい。いや、また食べよう。

f:id:koh2016:20170220121428j:plain f:id:koh2016:20170220121504j:plain

仙川めぐり 中華 楽山

 調布市と世田谷区の境付近にある街ですね。場所によって調布だったり世田谷だったり。
親世代はそのあたりこだわった経緯があるみたいです。
京王線沿いで、千歳烏山と並んで注目度が高くなっていますね。
東京帰還できた際には住みたい街候補です。

今回は中華。
注目すべき店は沢山ありますが、その中で「四川」の流れを汲み、その味を再現しているお店。
シェラトン都ホテル東京の「四川」で働いていた方が独立したようです。

近くに人気ラーメン店があり、そちらは始めから行列でしたが、こちらも私が入店してから列が出来ました。

ランチは定食で1,000円前後ですが、それ以上の味ですね。
今回は麻婆豆腐セットと焼売を頂きました。
麻婆豆腐は2種類あり、定食は通常のほう。
しっかりと辛いですが、旨みとのバランスもよい。豆腐も柔らかすぎず食べやすい一品でした。
焼売は大きめでふっくらとした仕上がり。
ザーサイはちょっと塩気が強いかな。

全体的にシッカリと四川料理ですし、ボリュームもそこそこ。
近所にほしい中華料理店です。

次は山椒の利いた陳麻婆豆腐にチャレンジしたいですね。

 

f:id:koh2016:20170217100132j:plain

f:id:koh2016:20170217100200j:plain

巌邑堂 移転

 以前、どら焼きで紹介した浜松の巌邑堂が移転しました。
本店前の道路拡張工事の影響で、敷地が一部収用されるらしいそうです。

通勤ルートに出来たので通いやすくなりましたが、駅から遠くなってしまいました。
駐車場、店舗内共に広くなり、利便性は高まりましたね。

ラインナップは変わらず。
人気のどら焼きをはじめ、生菓子等々は健在です。

移転に伴い、土地の名前にちなんだ「袖紫ヶ森」と言うモノが出来ました(写真右)。

ベリーのジャムを餅粉の生地ではさんだもの。
なんだか懐かしい味でした。

今回は「あげ饅頭」も。
どら焼き好きですが、ココに関してはこちらの方が好みかも。

f:id:koh2016:20170213160350j:plain f:id:koh2016:20170213160439j:plain

 

 

広告を非表示にする